茨城 家出彼女募集掲示板

茨城のデートの時に牛久大仏へ行ったことがあります。

当日は、牛久駅の改札前で待ち合わせた後、駅前のバスから20分程度で牛久大仏の停留所へ到着しました。バス内では目的地に近づくにつれて、世界一大きな大仏を窓から見ることができ、その大きさを見て彼女はスゴイ!と感動していました。

園内に入ると土産屋がたくさん並んでいたので一通り見て回り、その後、飲食店があり昼前にここに着いてまだ何も食べていなかったのでそこで食べることにしました。お昼時だったせいか店内は非常に賑わっており、席を確保するのが大変でしたし、店内は狭くて席の間隔も狭いため店内から出るのも一苦労しました。私はかき揚げうどんを注文し(食券を購入)、彼女はざるそばを注文しましたが、味はまあ特徴も無く普通といったところでした。

昼食を済ませた後、浄土庭園の散策を開始しました。まず最初に着いたのが發遺門で、その門を通ろうとすると左右に阿弥陀如来像が向かい合って立っていて、彼女と「金剛力士像っぽいね」みたいな話をし、門を通って振り返ると2階にガラス越しに釈迦三尊像を拝むことができました。その後、正面にはまだ距離はあるものの巨大な大仏が見えていて、2人とも早く行きたい!とワクワクしていました。大仏へ向かう途中には大きな香炉があり、近づくとお香の匂いがぷんぷん漂ってきまして、ご利益があるだろうと思いその煙を2人で浴びました。

近くには花畑もあるらしいのですが、行った時期が11月だったので残念ながら季節外れで花を観賞することはできませんでした。その後、牛久大仏へ到着しましたが、その大きさと荘厳さに圧倒されました。とにかく巨大で写真を撮るときには真上を見上げなければ全体が撮れないほどです。大仏内に入ると、暗闇の中に一筋の光がある部屋があり神秘的な要素を感じました。その後、知恩報徳の世界という部屋の外周をなぞる様に写経席が並んでいる空間に出て、彼女と一緒に写経を行いました。なぞっている文字の意味は良く解らなかったのですが、普段とは違う体験ができてとても楽しかったです。

また、エレベーターで85mの大仏胸部にある展望台に行きましたが、思ったよりも窓が小さくて天気もあまり良くなかったため眺めがそれほどよくありませんでした(富士山やスカイツリーも見えるという話だったのですが残念ながら見えず…彼女もがっかりしていました)。展望台からの帰り道には、金色の部屋にたくさんの大仏が安置されていました。そこでは、戒名を納めると永代供養してもらえるらしく多くの方が利用されている様ですが、値段が結構高くて、ある程度裕福な方が利用しているのかな?と彼女と話したのを覚えています。

その後、お土産を買って帰路につきまして、彼女も園内は非常にまったりと周ることができ、何よりも巨大な大仏様が見れて良かったと喜んでくれました。

彼女を募集している掲示板